こんにちは!北九州市小倉北区に拠点を構え、福岡県内外で総合解体工事や外構工事、リフォーム工事や木造注文住宅建築などを行っております、株式会社大野です。
解体工事、といっても木造解体や鉄骨解体、RC解体など、さまざまな種類があります。
今回は、RC解体についてご説明したいと思います。

RC解体のRCとは?

RC解体のRCとは、Reinforced Concrete 直訳すると”強化したコンクリート”のことです。
コンクリートの中に鉄筋を配置して強度を高めた鉄筋コンクリートのことを指します。
コンクリートと鉄筋がお互いの弱点を補っており、耐久性がとても高くなっています。
耐震性、耐火性、遮音性にも優れており、主にマンションなどで使用されていますが、一軒家などを建てることもできます。
その場合、とても頑丈なので一軒家の下に地下室なども作ることができますよ。
RC造の建物の耐久年数は一般的に47年といわれていますが、建物自体の寿命としては管理状況や立地にもよりますが、もう少し長く持つといわれています。

RC造は壊しにくい?

先ほどのご説明通り、RC造の建物はとても頑丈となっています。
その分耐久年数も長くなっているため、作るのにも壊すのにもお金がかかります。
同じ条件の木造の建物とRC造の建物だと、やはりRC造の建物のほうが解体にも費用がかかります。

RC造の建物の解体方法

それではRC造の建物はどのように解体するのでしょうか?
RC造の建物を解体するには大まかに分けて二つの方法があり、階上解体と地上解体に分けられます。
階上解体とは、クレーンなどを使って重機を建物の屋上に設置し、上から下へと解体していく方法です。
地上解体とは、地上から重機で下から上へと解体していく方法です。
解体自体が大掛かりになることが多く、粉じんや騒音への対応も重要になります。
近隣の方の安全にも注意をはらい、慎重に作業を進めることが大切です。
他の解体よりも技術が必要となりますので、たくさんの経験を積んでいる弊社へぜひご相談ください。

解体業者を探しの方は、ぜひご相談を

RC造の建物は頑丈で優れている分、壊すのも大変になるということがご説明できたかと思います。
RC造の建物を建てたけど必要がなくなった方や、RC造だけでなく、家屋などの解体をご希望の方はぜひ弊社へご連絡ください。
お問い合わせページかお電話からお気軽にお問い合わせいただけます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


家屋解体・お風呂リフォーム・解体工事は北九州市の株式会社大野
〒802-0032
福岡県北九州市小倉北区赤坂3丁目7-21-202
TEL:093-512-6620 FAX:093-512-6621