こんにちは、福岡県北九州市の株式会社大野です。
株式会社大野では、北九州市をはじめとした福岡県などの各地域で解体工事や木造リフォーム、水回りリフォームを請け負っています。

解体工事には、建物全体を解体する「建物解体」と内装だけを解体する「内装解体」があります。
内装リフォームをご検討されている方にとって気になるのが、「内装解体」です。
そこで今回は、『解体工事の仕事の流れをご紹介!』というお題で、主に「内装解体」の仕事の流れについてご紹介します。

ステップ1 解体工事前の手順


話し合い
建物の所有者である賃貸人と建物を借りている賃借人が存在する建物の場合、両者の合意が必要です。
後々、トラブルに発展しないためにも、相互の入念な話し合いをおすすめします。

現地や近隣の調査
解体する現場である現地調査はもちろん、近隣の調査もつぶさに行います。
近隣の状況によって調整が必要と判断されれば、工事の時間帯などを調整することもあります。

近隣へのご挨拶
内装解体とはいえ、振動、騒音、粉塵などが発生する可能性があります。
事前にきちんとご挨拶と事前説明を行うことで、近隣住民のみなさんにご理解いただくように努めます。

その他の注意点
家具などの撤去、不用品の処分や水道、ガスなどのライフラインの停止の連絡を行います。

ステップ2 解体工事開始


足場と養生
仮設足場の設置と養生を念入りに行います。
場合によっては、防音シートや粉塵ネット等で建物を覆います。
また玄関や屋内の廊下などの養生も行います。

内装解体
壁紙、電気配線、ドア、ガラスなどを撤去します。
次に床材を撤去する“はつり”と呼ばれる作業を行います。
その後、床材のひびや凹凸の補修をします。
下地の錆や汚れを落として、床材が密着しやすいように傷をつけます。
この一連の作業を“床ケレン”と呼びます。

ステップ3 解体完了後の作業

産業廃棄物の処理
解体工事で出た産業廃棄物をマニュフェストに従って適切に処理します。

清掃
清掃をきちんと行って、内装解体の完了です。
リフォームも行っている会社の場合は、引き続きリフォーム工事に移行します。

ここまで、『解体工事の仕事の流れをご紹介!』についてご紹介しましたが、いかがでしたか?
解体工事の際のご参考になれば幸いです。

解体工事や各種リフォームなら株式会社大野へ


解体工事や木造リフォーム、水回りリフォームその他のご用命・ご相談は、たしかな仕事ぶりに定評のある株式会社大野にお任せください。
どんなお困り事にも誠実に実直にご対応することを信条としております!
ご希望に寄り添う施工をお約束!
まずはお問い合わせください。 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。




水回り・木造リフォーム・解体工事は福岡県の株式会社大野
〒802-0032
福岡県北九州市小倉北区赤坂3丁目7-21-202
TEL:093-512-6620 FAX:093-512-6621